サージカルガイド
(インプラント埋入時に使用するマウスピース)

       

 あらかじめ撮影しておいたCT写真をもとに作製された、ドリリングの深度と埋入方向をガイドするマウスピースです。難しい言葉になってしまいましたが、簡単に言い換えますと、手術の確実性を上げるマウスピースです。

 インプラント体を埋入する方向と深さは、術者の影響をものすごく受けます。つまり執刀医の上手い下手に左右される部分です。サージカルガイドを使うことによって、埋入方向、埋入深度が制限されるので、悪い言い方をすればどんな先生でもある一定以上の手術ができるようになります。

 また、インプラントを多数埋入しなければならない場合、ガイドを使用することによって術者のストレスが軽減されますし、フラップレス手術と併用した時、埋入本数が多いわりに体へのダメージが少ないという利点があります。患者さんにとっては安心材料ではないでしょうか。

 しかし、ガイドにも様々な種類があり、どこに固定するかによってブレが大きかったり、手術の邪魔になったりとありますので、これを使用しているから100%安心というわけではありません。