ソケットリフト
(上顎洞で骨を増やす処置:小規模)

       

  “骨がなければインプラントはできない”確かにその通りです。今までは、インプラント治療ができる方とできない方にはっきりと分かれました。 インプラント体は骨が充分になければ、埋入することはできません。 現代の医療でも、直径約3.5mm以上で長さ8~10mm以上のインプラント体を埋入することが長期安定のひとつの目安と言われています。

   上顎の骨を増やす処置として行われるのがソケットリフトという方法です。 比較的難易度の高い処置になってきます。繊細な処置ですがインプラント治療に積極的な歯科医院では行われることも多く、術後に大きく腫れたりすることが少ないのがメリットです。 しかし、盲目的に上顎洞にアプローチする方法ですのでサイナスリフトに比べ確実性が劣る処置です。 また、増やせる骨の量は限られており、既存骨量(残っている骨の量)がある程度ないとできない処置になってきます。

   もちろん外科処置ですのでリスクはあります。術中または術後にばい菌に感染すると蓄膿症(上顎洞炎)になってしまうということ、 それから埋入したインプラント体が上顎洞に落ちてしまうことが主なリスクです。

ソケットリフト
ソケットリフト
ソケットリフト
ソケットリフト
ソケットリフト
ソケットリフト
ソケットリフト
ソケットリフト