リッジエキスパンジョン=
スプリットクレスト
(骨幅を増やす処置)

       

 “骨がなければインプラントはできない”確かにその通りです。今までは、インプラント治療ができる方とできない方にはっきりと分かれました。 インプラント体は骨が充分になければ、埋入することはできません。 現代の医療でも、直径約3.5mm以上で長さ8~10mm以上のインプラント体を埋入することが長期安定のひとつの目安と言われています。

  リッジエキスパンジョンとは、上下顎の骨が吸収して充分なインプラント体が埋入できない時に行う骨を増やす外科処置です。 とがっている骨を水平的に広げていき、自家骨(ご自身の骨)や人工骨を移植して、顎の骨の幅を増やそうという治療法です。

   手術する部位によってリスクは様々ですが、神経や血管を傷つけないように行わなくてはなりません。 またばい菌に感染するとうまく骨ができないこともありますので、どの外科処置にも言えることですが、お口の中を清潔に保っておくことが必要です。