GBR
(骨のボリュームを増やす処置)

       

  “骨がなければインプラントはできない”確かにその通りです。今までは、インプラント治療ができる方とできない方にはっきりと分かれました。 インプラント体は骨が充分になければ、埋入することはできません。 現代の医療でも、直径約3.5mm以上で長さ8~10mm以上のインプラント体を埋入することが長期安定のひとつの目安と言われています。

   GBRとは、上下顎の骨が吸収して充分なインプラント体が埋入できない時に行う骨を増やす外科処置です。 自家骨(ご自身の骨)や人工骨を移植して、その上に遮蔽膜を用います。遮蔽膜は様々なものがありますが、最近ではチタンメッシュプレートや吸収性のメンブレンを用いることが多いです。 サイナスリフトと同様に骨を造る画期的な方法ですが、埋まっている歯を抜くのと同じ様に術後腫れることが多いです。

  高度なテクニックを術者に要求します。通常は大学病院の口腔外科で行われる方法ですが、高度なインプラント治療を行う一般の歯科医院でも行われることがあります。 もともと大学病院の口腔外科に在籍しており、そういった高度な治療を専門的に行ってきた歯科医師が開業している場合、 あるいはそういった特殊な治療を行う時だけ大学病院から歯科医師を派遣してもらう場合が多いようです。

  もちろんGBRも外科処置ですのでリスクはあります。手術する部位によってリスクは様々ですが、神経や血管を傷つけないように行わなくてはなりません。 またばい菌に感染するとうまく骨ができないこともありますので、どの外科処置にも言えることですが、お口の中を清潔に保っておくことが必要です。

GBR
GBR
GBR
GBR
GBR
GBR