フラップレスインプラント
(通常の方法と違い歯茎を切らなくてすむインプラント)

       

 インプラント治療の多くは、歯肉を切開し粘膜を剥離してインプラント体を埋入していきます。 痛みや腫れの要因としてこの一連の動作が大きく関係していることは言うまでもありません。 フラップレスインプラントとは歯肉を切らずにインプラントを埋入するやり方で、痛みや腫れを軽減し手術時間が短くなります。

 歯肉を切らないということは、本来術者が確認しておきたい顎の骨の状態を、目視で確認できないということになります。 つまり、CT写真において顎骨の形態をしっかり把握していてかつ、骨量骨幅がともに十分な時に行える治療法です。サージカルガイドを使用する場合は非常に有効的な方法になります。