インプラントと入れ歯・ブリッジとの比較

インプラントと入れ歯、ブリッジには次のような違いがあります。 それぞれのメリット、デメリットを踏まえて自分に合う方法を見つけましょう。


インプラント

・インプラントの良いところは

しっかり噛めて、他の歯に迷惑をかけない…特に後者は他の治療にはないインプラントだけのメリットです。
ブリッジも入れ歯も残っている歯をどんどん失っていく可能性が高いのに比べて、インプラントは元々の歯のように、他の歯に影響を与えません。

・インプラントの悪いところは

外科処置が必要で費用がかかる点です。


インプラント
       

入れ歯

 歯の無いところを義歯(偽物の歯)で覆う、取り外しが可能な処置です。全部入れ歯と部分入れ歯があり、歯の残っている状況に応じて治療します。

・全部入れ歯の良いところは

お手入れが楽ということです。患者さん自身でお口の中から外して、洗えるからです。 また、保険が使えますので、費用の負担が少なく治療できる方法でもあります。


・全部入れ歯の悪いところは

自分の歯のように噛めないこと、うまく話せないことです。顎の骨がしっかりあるうちはある程度噛めますが、歯を抜いた後に顎の骨は痩せます。 入れ歯を支える顎の骨が失われた後は、しっかり噛めません。また、慣れるまでうまくお話しできなかったり、人によってはできない発音もあります。 徐々に咬合力が落ちていくことで顔の筋肉が衰えていき、顔つきも変わっていきます。 レジンという材料が使われますので口臭の原因、アレルギーの原因になることがあります。


・部分入れ歯の良いところは

お手入れが楽ということです。患者さん自身でお口の中から外して、洗えるからです。 また、保険が使えますので、費用の負担が少なく治療できる方法でもあります。


・部分入れ歯の悪いところは

土台となる歯がダメになっていくということです。歯がない部分を残りの歯で支えるので、芋づる式に歯を失っていく可能性が高くなります。 また、土台にかけるワイヤーの位置によっては見栄えが悪くなることがあります。レジンという材料が使われますので口臭の原因、アレルギーの原因になることがあります。


義歯

ブリッジ

  歯の無いところを義歯(偽物の歯)で覆う、取り外しが不可能な処置です。ブリッジの素材の種類、残ってる歯の状況によっては、保険が適応されません。

・ブリッジの良いところは

自分の歯のように噛めるということです。インプラント同じようにしっかり噛むことができます。 使用する材料によりますが、非常に見栄えが良く、ご自身の歯と区別がつかない様に仕上げることもできます。 また、銀歯であれば保険が使えますので、費用を抑えて治療することができます。

・ブリッジの悪いところは

土台となる両隣の歯がダメになってしまうということです。歯を失った後、歯科医師が魔法を使って噛めるようにしているわけではなく、土台の歯に責任を押し付けているだけなんです。 また、清掃が難しく、歯ブラシをや清掃補助器具(フロスや歯間ブラシ)でしっかりお手入れできていないと、あっという間に虫歯や歯周病になってしまいます。

ブリッジ